キューラのきもち♪vol.22
2007 / 10 / 24 ( Wed )
「一緒に暮らすこと」
 先日、人間と犬が同数?犬のほうが多い?ぐらいの、ワンちゃんがたくさん来てくれた日がありました。その夜は、私たちフェリチェ家族も混ぜていただいて、地酒・花泉(甘口で、とーっても美味しいですよ)を飲みながら、犬の話をたーくさんしました。それぞれに、犬への思いがいっぱいあって、すっごく考えさせられました。お客さんと、そのワンちゃんを見ていて気がついたこと。それは、ワンちゃんが飼い主さんに対して「アンタが大将!」「好きで好きでたまらない!」と、全身で言っていること!飼い主さんをじっと目で追い、いなくなると悲しそうな顔をする。飼い主さんが現れると、それはそれはうれしくて、しっぽはバタバタ!目はすごーく輝いている!私とキューラは?どうかなー・・・。キューラはとってもシャイなことは、よくわかるのですが、まだまだ、お互いにそこまで気持ちは近づいていないと思う。じゃあ、人間(パパと息子たち)とはどうだ?フェリチェパパに、おもむろに、「私のこと好きで好きでたまらない?」と聞いてみた・・が、「うーん、そうだねー」と、とんでもなく低~いテンションで、返してきた。 「心が通じる」ってすごく難しいことだけど、犬でも人間でも、一緒に暮らす以上は、通じ合いたいなあーとすごく思う。クドイぐらいにわかりあいたい!相手に「ウザイ!」と言わせたらこっちのもの!キューラと、もちろんフェリチェ・パパとも子供達とも、そんな関係になっていきたいなー。周りが引くほど、良くも悪くも、めちゃめちゃ濃いい家族になってやろう。おっ!なんだかすごーくテンション上がってきたぞ!(頼むからこれ以上元気にならないでー!!アンタうるさいから~byフェリチェ・パパ)ヤツらにとっての、絶対、一番になってやるぞー!
 なんだか色んなことが吹っ切れて、自分の足元見直すいいきっかけになりました。犬に学ぶことは大きい!
22:49:11 | めいコラム♪ | コメント(2) | page top↑
めいコラム☆vol.15
2007 / 10 / 21 ( Sun )
「がんばったねー!・・・ごめんね・・・」
 先週、地元・舘岩村で、ゴーマンマラソン大会が開かれました。今年で22回目を迎えた、結構歴史あるマラソン大会です。地元小学校・中学校に通う子供たちは、全員エントリーするので、フェリチェ・長男も走りました!!去年初めて走って、結果は6位。いっつも、一番が大好きな長男は、それはそれは悔しがって、来年は絶対1位になる!!と泣きながら、誓ったあの日から、1年・・・・。このマラソン大会、1年生と2年生は、1.5km一緒に走ります。なので、昨年1年生だったフェリチェ長男が6位に入れたのは、本当はすごーいことだったんです!で、今年は2年生になった彼。自信たっぷり、今年こそ!と、がんばりました!が・・・・結果は、2位。。。最後の最後で、後ろからきた子に抜かれて、2位になってしまったそうです・・・。しまったそうです・・・って、そう!せっかくの長男の晴れ舞台、私はしっかり全部見逃してしまったのです・・・。仕事があって、開会式から見てあげることができなかったので、駆けつけたときにはもう、終わっていたのです・・・。家業がある子の宿命です。。でも、みんなに聞いたら、うちの長男を最後に抜かした子は、お父さんがゴール際で、「抜けるぞ!行け!がんばれ!」と大声で叫んで、ぐ、ぐーっとスピードアップしてうちの子を抜いたそうです。。。何とも後味が悪い、私もあの時、大声でがんばれっって叫んであげていたら・・・応援できていたら・・・と思うと、本当に長男に申し訳なくって、すごーくくやしかったです。
 長男は私がかけつけたとき、あまり悔しがっている様子は有りませんでした。私の申し訳ない気持ちとは、うらはらに、やり遂げた感じのすっきりした、いい笑顔でした。私を責めることもなく、人のせいにしないで、きちんと自分の現実と向き合っている!スゴイことだ!その笑顔に私はとっても救われました。
 思えば、私も実家は自営業で、さみしー思いはいっぱいしました。でも、いつも自分の目の前で、本当にいっつもがんばっている両親を見ていると、文句は一言も言えませんでした。でも内心、サラリーマンのお宅がとってもうらやましかったです。決まったお休みを家族だけで楽しめる・・いいなーと思っていました。皮肉にも、自分の子にも自分と同じ思いをさせてしまっている私。でも、決して私は自分のうちの店を嫌いにはなりませんでした。家族が必死に守っている店が大好きでした。
 彼の心の中にも寂しさがあるんだろうな・・・でも私と同じで、長男はフェリチェが好きと言ってくれる、彼の思いが、よくわかるだけに、この日の出来事はすごーく心にしみました。
20:06:27 | キューラのきもち☆ | コメント(0) | page top↑
キューラのきもち♪vol.21
2007 / 10 / 19 ( Fri )
「ずーっと一緒に・・・」
 以前も書きましたが、夏休みはなぜか、仔犬ちゃんのお客さまがすごく多かったのですが、最近10歳を越えた高齢のワンちゃんがたくさん遊びに来てくれています。体に負担が少ない、過ごしやすい季節になってきたからでしょうか。どのお客さまも「のんびり旅行」。そんな皆さんのおかげで、ほわーんとした優しくてゆったりした空気で、フェリチェが包まれています。。。その家の空気は住んでる人が作り出すものだと、よく言われていますが、本当に、そうなんだなーしみじみと感じています。どのワンちゃんも、実年齢を聞くとびっくり!してしまうほど、とっても元気!みんなとっても「いい顔」をしていて、その表情から、飼い主さんに、とってもかわいがってもらって、ここまで大きくなったんだなーというのが、よくわかります。私も結婚前、雑種の「ムク」を飼っていて、彼は18歳まで生きました。その頃の私は、学校生活にどっぷりつかっていて、友達と遊んだり、勉強に追われたり、あんまりムクと、ちゃんと向き合っていませんでした。もっともっと、かわいがってあげれたんじゃないか?もっともっと、一緒にすごしていればよかった、彼が癌になったのを知ったときに思いました。癌になっているのがわかったとき、もう18歳だったムク。お医者様に手術も進められましたが、その選択はしませんでした。我が家はとっても悩んだ結果、全員一致で、延命の治療で苦しめるのはよそう、と決めました。お別れの日は急に訪れ、そして何事もなかったかのように、そっとムクは居なくなりました。いつかは訪れるそんな日。キューラとも、いつかはさよならなんだ・・・と思うと、本当に素直にすーっと涙がこぼれてしまいます。すごく切なくなります。せめて最後の日、キューラが、安らかな穏やかな顔でありますように。。。きっとまたいろんな後悔はするんだろうけど、でもその日まで、いっぱいキューラと楽しんで生きていきたいなーと心から思います。。。全てのワンちゃんが、歳をとる毎に、いい顔になって、温かい晩年をおくれたらいいですね。。。
16:23:54 | めいコラム♪ | コメント(0) | page top↑
めいコラム☆vol.14
2007 / 10 / 12 ( Fri )
「ともだち♪」
 先週、私とパパの大学時代の同級生の通称”デブリン”(たった今、私が名付けた!もちろん本人の了承ナシ!かなり可愛くまとまったので、大満足!)が、遊びに来た!なんやかんや、ペンションの手伝い(薪割り)andキューラと子供たちの遊び相手(お弁当持たせて、どこでもいいから行ってこーい・・と放り出してみた。)andじじとばばの話し相手・・・と、かなりこき使ってしまった。。。でも彼は嫌な顔一つせず、全て楽しんでやってくれた!付き合って10年以上経つが、今更言うのもなんだけど、彼はすんばらしー奴だ!(たまには、褒めておかなくっちゃ!)彼がすんばらしいのは、もうこっちに置いといて・・・私は、彼と久々に会って、気がついたことがある!それは、
「なんでも頼める!なんでも言える!」っていうことの、素晴らしさだ!!南会津にきて、1年ちょっとたつが、残念ながら、まだそこまで達した友達はできていないし。まだ始めたばかりの家業に慣れないフェリチェ・パパにも、はっきり物はなかなか言えなくて、本当かよッ!と突っ込まれそうだが、結構顔色見ながら、気を使って過ごしているのだ。なので、本当に思ったことを素直に頼んだり、口にしたりしたのが、久しぶりで、すごーく嬉しかった!!春には高校時代の友人が、夏にも、横浜の保育園時代のお友達や、横浜で長男が赤ちゃんだったときのご近所のお友達が、来てくれたが、その時も、やっぱり同じ気持ちになった。「ともだち」っていいなあー!!なーんかちょっと、こっぱずかしいけど、素直にそう思えました。ずっと離れていても、会うとすぐに、あの頃に戻れてしまう、不思議なスイッチが自分の中にある。それは私の大事な宝物です!
16:38:05 | キューラのきもち☆ | コメント(1) | page top↑
薪ストーブ登場!
2007 / 10 / 06 ( Sat )
フェリチェに薪ストーブが新しく設置されました!
今までは、暖炉が有ったのですが冬に暖がより取れるようにと、
思い切って、切り替えました。
「Vermont Castings」社の『Defiant』というものです。
いろいろと悩んだ末の決定でした。
どの機種にするか、どのくらいの能力が必要なのか、どの工務店と付き合うか・・・
能力は、もちろん設置したダイニングを暖めるのは当たり前、出来れば館内の廊下も温めたい!という事で最大能力のものを入れました。
最大暖房面積はなんと68坪!!どんな広さだ?
この冬は、新しい薪ストーブと、それに負けない暖かいスタッフでお迎えいたします。
より柔らかな暖かさで、しかもしっかりと暖まる。そんなペンションを作り上げて行きたいです。
ストーブ到着

ストーブの到着です。これから煙突の掃除、暖炉の撤去、そしてストーブの設置となります。
煙突掃除

煙突の掃除中です。屋根に上って上から、下からごしごしとすすを落としています。
ストーブ設置中

ストーブが設置されました。これから末永く、フェリチェを暖めてくれるでしょう。
00:22:00 | 薪ストーブ | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ