めいさん闘病記Vol.6
2008 / 08 / 31 ( Sun )
めいさん入院生活10日目になります。
相変わらず、検査値(ホルモン値)は高値を示しているようです。微熱も続き体調は回復しているが、症状としては小康状態といったところでしょうか。
今日は日曜日という事もあり、息子2人を連れて、病室訪問をしようと思っています。

上の息子は、ソフトボールの試合が今日あり、そっちにいきたいようですが、
勝手に昨日電話で断ってしまいました。
夜寝るときに、枕元で「試合に行きたいし、でもお母さんのところに行きたいし」と
涙しながら、悩んでいました。小さい心ながら、大きなことを一生懸命に悩んでいるんですね。
ちょっと感激しました。

南会津から、会津若松の病院まで片道85Km。約2時間の旅路です。
今ではこの移動も全く苦にならず、あっという間のドライブです。
では、いってきます。
09:15:32 | 闘病記 | コメント(0) | page top↑
雨そして雷
2008 / 08 / 29 ( Fri )
今日は、日本各地大雨で大変な事になっておりますね。
愛知県では、一時間に147mmの豪雨だったようですね。愛知県は私の本家のあるところ。親戚も多くいるので心配です。
ここ、会津高原も例に漏れず大雨そして雷が鳴り響いています。
日中は日がさし夕方5時頃まで天気が良かったのですが、黒い雲が西から覆ってきたかと思うとあっという間に雷雨です。現在も雷鳴、稲光そして大雨が降っております。
お泊りのお客さまのワンちゃん2頭は雷鳴にも臆することなく、フェリチェでくつろいでいます。
キューラといいますと、やはり雷鳴も気にならない様子で、「仕事が終わったなら、サ・ン・ポ行こう!」と顔を覗いております。雨の中、散歩に出るのが億劫になるのはどうやら私の方のようです。
今から、夜の雨の中サッカーでもしに出かけてきます。
22:44:20 | 南会津の自然 | コメント(0) | page top↑
めいさん闘病記Vol.5 再手術
2008 / 08 / 27 ( Wed )
2回目の手術をしました。
前回より、術後かなり体がラクだそうです。
麻酔からさめた後に、軽食も口にできとても回復しているように思えます。
しかし、なんとなくまだお腹にポッコリとあるような感じがするのです。
これが何なのか・・・正常の様な気もするし?
妊娠ホルモンが明日から下がってきてくれれば、退院が見えてくるのですが。。
この際、体調がよくなってもゆっくりと病院で休んできてもらってもいいのですがね。
22:54:17 | 闘病記 | コメント(2) | page top↑
めいさん闘病記Vol.4
2008 / 08 / 26 ( Tue )
☆初訪問☆
ようやくめいさんの病室に訪問してきました。入院5日目です。
下の息子は幼稚園を早退し同行です。
久しぶりに見ためいさんの顔は、血色もよくなり、だいぶ落ち着いた感じがしました。
昼過ぎに到着し、病室で少し話をした後、私は入院手続きへ。
(入院5日目でやっと手続きってどうなのって思いながら)
息子がアイスクリームを食べたいという事で、めいさんと3人で売店へ。めいさんが残したら私が食べるつもりが、めいさん完食!入院前は食欲が全く無かったのでとっても安心しました。
その後病室に戻り話しをしていたら、私は眠気に襲われ、ベッドに倒れこみ1時間ほど昼寝をさせていただいてしまいました。
明日、再び手術をし子宮内よりよくない細胞をかき出すので、その前処置のため処置室へ移動。
処置後に主治医より、病気についてと、今後の処置、対応について説明を受けました。

先日(23日)に行った手術で取り出した細胞の検査結果が出ていないので、確定診断はまだできないが、ほぼ「胞状奇胎」で間違いないとのこと。
胞状奇胎とは絨毛(胎盤の細胞)の水腫変性したもので、出血や、子宮腫が大きくなり妊娠ホルモンが高値を示すものだそうです。(かなり端折って書いていますが)将来的な可能性として、絨毛がんがあるそうです。正常な妊娠でも絨毛がんは起きるそうですが、胞状奇胎は確立が高くなるそうです。
子宮内の水腫を一度に取ってしまうと、子宮を傷つけたり、変性細胞が刺激され、肺や脳に転移してしまう危険があるために2回もしくは3回に分けて取るのが通常のようです。
とった後に妊娠ホルモンが正常値まで低下したら退院。
その後は、女性のホルモンが正常に働いているかどうかのチェックのため、基礎体温をつけ、月に1回の通院で血中ホルモン濃度を測定していくとのことです。
そして、1年から2年の避妊が必要とのことです。もう1人と思っていたので、これはちょっと辛いかな。

こつこつと継続的にが苦手な私達夫婦。基礎体温が大変な事になりそう。
22:52:48 | 闘病記 | コメント(1) | page top↑
めいさん闘病記Vol.3
2008 / 08 / 26 ( Tue )
先日24日(日曜)にめいさんお見舞いツアーがフェリチェから出発しました。
息子2人、ジジ、ババ、鹿児島より来ていた友人2人、計6人。
残念ながら、私は同行できず・・・
小雨降る中、フェリチェの花を切り集め、花束を作り、子供たちに持っていってもらいました。
幸い、めいさんも体調よく、子供達もお母さんに会えて嬉しかったようです。

手術をしてから、微発熱が続いているようです。
黄体ホルモンが未だ高値を示しており、まだまだよくない細胞が、体内に多くいるようです。
医者の話では、肺や、脳に転移する事があり、転移がある場合は抗がん剤で治療するとのことです。
今のところ、肺に転移はしておらず、大丈夫なのですが、継続的に検査していかないといけないです。
本日26日にはようやく私も病室に行くことができます。
息子達に病院にいく話をしたら、下の子は一緒に行くことになりました。
上の子は、お母さんよりソフトボールを優先です。元気が一番なのでそれもよしです。

早く病院にいきたいな。
03:22:27 | 闘病記 | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ