キューラのきもち☆vol.75
2010 / 04 / 06 ( Tue )
「やっと春かなーー??」
 今日はとっても穏やか~で、静か~な、温かい日です。まだまだ風は冷たいけれど春が一歩近づいたかなー?
日曜日でスキー場がクローズ。長かった冬、やっと終わりが見えてきたかんじです。
 この冬の間、悲しいお別れのお知らせが、フェリチェに届きました。ゴールデンレトリバーのバーディーと、ミックスのモナちゃんが、天国に旅立ちました。バーディーは、去年の夏に一度会ったのが、最後になってしまいましたが、とっても穏やかで、温かい空気感を周りに運んでくれる・・・優しい目をしたワンちゃんでした。うちの次男坊とダイニングルームやウッドデッキで、ゴロゴロ寝そべって気持ち良さそうにしてたのを思い出します。私もあの日はとても忙しい日だったのに、仕事を忘れて、バーディーのそばにいたい!とすごく思って、やたらとさわらせてもらったのを覚えています。
 モナちゃんは、フェリチェオープン当初から、季節を通して何度も遊びに来てくれました。ついこの前もエランと雪遊びをしてくれたばかりです。なので、フェリチェ一家はまだモナちゃんが逝ってしまったことが、信じられない日々が続いています。ふとモナちゃんを思い出しては、悲しいというよりはなんとも言えない寂しさで、胸がいっぱいになります。我が家の会話の中にモナちゃん一家はとってもよく登場します。「そういえば次は山菜の時期にー・・なんて言ってくれてたなー」「そしたらモナちゃんにまた会えるね!」と無意識に次男がふと言っては、「あーそうだ、モナちゃんもういないんだ・・・」と、みんなでどんより・・・。モナちゃんのさりげないキューラとのやりとり(クールな二頭です)、やんちゃなエランにはしょうがないわねーって優しいおかあさんのまなざし、いろんなモナちゃんが思い出されます。
 「ぼくがきみにできること」という絵本がうちにあります。一頭のワンちゃんが、飼い主さんにぼくは何をしてあげられるかな?とかわいく真剣に考えるお話です。「なーんにもしてくれなくてもいいんだよ、ただそばにいてくれるだけで。」と、その本を読むといつもそう思います。話ができなくてもお互い通じ合おうとする心、何にも変えられない温かさ、けなげで愛らしい姿、どんなに心が荒んでいるときでも優しい気持ちを思い出させてくれる、動物と暮らすって本当に素晴らしい。
 バーディーとモナちゃんには、ここに来てくれて私と出会ってくれてありがとう!の気持ちでいっぱいです。バーディ、モナちゃん、もう会えないけど、どれどれフェリチェはどんな様子かな?って、天国からのんびりゆっくり遊びに来てね。二頭とも、フェリチェが最後の旅になったそうです。一期一会、一つ一つ出会いを大切に、これからも過ごしていきたいと思います!

 ↓ 素敵な笑顔のバーディーです♪
s-IMG_9436.jpg

 ↓ ダイニングルームでくつろぐモナちゃん♪いつもとてもかわいいバンダナをしています。
s-IMG_1871.jpg
11:54:34 | キューラのきもち☆ | コメント(0) | page top↑
<<キューラのきもち☆vol.76 | ホーム | キューラのきもち☆vol.74>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |