キューラのきもち☆vol.119
2011 / 04 / 09 ( Sat )
「ボランティアのきもち」
 震災から4週間。あの1日を狭間に、町が人が大きく変わりました。一歩を踏み出そうとしている被災地や被災者の方々に対するみんなの気持ちが、最近少しずつ変化しているのをすごく感じます。うちみたいな宿泊業をはじめ、たくさんの産業が足踏み状態で、今、みんなが苦しいです。この先、復興に向って、お金が動き利権も動くわけで、きれいごとばかりじゃないことだらけ、自分たちの生活ももちろん大事。でも、どうか自分の苦しさだけでいっぱいにはならないで欲しいと思います。震災後、フェリチェを頼ってくれて出会った被災者の方はみんな、自分達がすごくつらい思いをしているのに、私たちにとっても優しいんです。私も同じ立場だったらこんな風になれるだろうか。 
 ボランティアのきもち、何故か、日本ではどことなくうさんくさいものに思われがちだけど、実はとっても大事なことだということは、本当はみんな知っているはず。人は1人では生きられません。子供は生まれてきて、人と関わるようになってすぐ、「思いやり」を周りのたくさんの人から学びます。私はまだまだ器の小さい人間だけれども、思いやりを心の真ん中にしっかり持ち続けていたいと思います。優しさをもらったりあげたりが自然にできる人になりたいです。
 

 きれいな目をしてまっすぐに前を見るエランを見ると、どこまでも純粋なすがすがしさをかんじます。
s-IMG_6806.jpg
14:40:12 | キューラのきもち☆ | コメント(3) | page top↑
<<キューラのきもち☆vol.120 | ホーム | キューラのきもち☆vol.118>>
コメント
--ありがとうございます!!--

横浜のラン様、ひまままさん、メッセージありがとうございました!!
皆さんの温かいお気持ち、本当に嬉しく思います。こちらは、やっと長かった冬が終わり、春の気配が近づいてきましたっ!みんなの気持ちにも少しづつですが、明るさが戻ってきた気がします。こちらの桜は5月の下旬に咲き始めます。その頃には福島県にとって、少しでも、何かが前に進み出せれば、、、と願ってます。
フェリチェを変わらず応援してくれてありがとうございます。またみんなで犬の話しながら、ご飯やお酒を楽しみましょうね!
人も犬もまた元気に楽しく幸せに過ごせる日が来ることを信じて。。。
by: feliceママ * 2011/04/17 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
--ご無沙汰いたしました--

数年前にジャーマンシェパードのひまわりとお世話になりました、鈴木と申します。

震災の原発事故以来フェリチェの皆様のご無事が気になってました。
皆様お元気そうでよかったです。

こちら横浜は震災以降一時の混乱はありましたが、今はほぼ元通りに戻りました。
でも原発事故付近の先の見えない復興の心を思うと、手放しでは喜べません。
今は私が出来るボランティアで、被災動物一時預かりボランティア募集のお手伝いを微力ながらしています。

私はスキーやスノボが全く出来ないので、冬のスポーツは疎いのですが、数年前からスノーシューには興味があって、ひまわりが元気なうちに一度やってみたいなって思ってます。
その前に雪道の運転の練習もしなきゃ!!

いつかフェリチェさんのところでスノーシュー体験させてくださいね。

皆さん、どうぞ風評被害に負けずにがんばってください。
by: ひままま * 2011/04/16 09:59 * URL [ 編集] | page top↑
--震災後・・・--

二年前の夏にお泊まりさせていただいた、金井と申します。その時上着を忘れ、わざわざ郵送して頂いたのにお礼もせず、メールでもしようと思いながら一年半もたってしまいました。その節はありがとうございました。

地震による被害はどうなのか、気になっていながらも、一か月もたってしまいました。
皆様ご不便ながらも、お元気そうでよかったです。

またお邪魔したいと思っております。
まだまだ大変だとは思いますが頑張って下さい。
by: 横浜のラン * 2011/04/15 18:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |