めいコラム☆vol.15
2007 / 10 / 21 ( Sun )
「がんばったねー!・・・ごめんね・・・」
 先週、地元・舘岩村で、ゴーマンマラソン大会が開かれました。今年で22回目を迎えた、結構歴史あるマラソン大会です。地元小学校・中学校に通う子供たちは、全員エントリーするので、フェリチェ・長男も走りました!!去年初めて走って、結果は6位。いっつも、一番が大好きな長男は、それはそれは悔しがって、来年は絶対1位になる!!と泣きながら、誓ったあの日から、1年・・・・。このマラソン大会、1年生と2年生は、1.5km一緒に走ります。なので、昨年1年生だったフェリチェ長男が6位に入れたのは、本当はすごーいことだったんです!で、今年は2年生になった彼。自信たっぷり、今年こそ!と、がんばりました!が・・・・結果は、2位。。。最後の最後で、後ろからきた子に抜かれて、2位になってしまったそうです・・・。しまったそうです・・・って、そう!せっかくの長男の晴れ舞台、私はしっかり全部見逃してしまったのです・・・。仕事があって、開会式から見てあげることができなかったので、駆けつけたときにはもう、終わっていたのです・・・。家業がある子の宿命です。。でも、みんなに聞いたら、うちの長男を最後に抜かした子は、お父さんがゴール際で、「抜けるぞ!行け!がんばれ!」と大声で叫んで、ぐ、ぐーっとスピードアップしてうちの子を抜いたそうです。。。何とも後味が悪い、私もあの時、大声でがんばれっって叫んであげていたら・・・応援できていたら・・・と思うと、本当に長男に申し訳なくって、すごーくくやしかったです。
 長男は私がかけつけたとき、あまり悔しがっている様子は有りませんでした。私の申し訳ない気持ちとは、うらはらに、やり遂げた感じのすっきりした、いい笑顔でした。私を責めることもなく、人のせいにしないで、きちんと自分の現実と向き合っている!スゴイことだ!その笑顔に私はとっても救われました。
 思えば、私も実家は自営業で、さみしー思いはいっぱいしました。でも、いつも自分の目の前で、本当にいっつもがんばっている両親を見ていると、文句は一言も言えませんでした。でも内心、サラリーマンのお宅がとってもうらやましかったです。決まったお休みを家族だけで楽しめる・・いいなーと思っていました。皮肉にも、自分の子にも自分と同じ思いをさせてしまっている私。でも、決して私は自分のうちの店を嫌いにはなりませんでした。家族が必死に守っている店が大好きでした。
 彼の心の中にも寂しさがあるんだろうな・・・でも私と同じで、長男はフェリチェが好きと言ってくれる、彼の思いが、よくわかるだけに、この日の出来事はすごーく心にしみました。
20:06:27 | キューラのきもち☆ | コメント(0) | page top↑
<<キューラのきもち♪vol.22 | ホーム | キューラのきもち♪vol.21>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |